お部屋の空気をもっと快適にしませんか?

エアコンの放出系空清機能を現役のエアコン設計者が徹底解説!!~ダイキン編~

エアコン
この記事は約5分で読めます。

エアコンの空気清浄機能には大きく分けて2つあります。フィルターによる集塵(しゅうじん)方法と、イオンやオゾンを放出して菌やウイルスを抑制する方法です。本ブログでは、後者の放出系空清浄機能にスポットをあて、大手エアコンメーカー各社の機能について徹底解説します!本記事は、ダイキンの空清機能について解説します。

この記事を読むと

ダイキンのエアコンについて放出系 空気清浄機能の特徴が分かります。

放出系空清機能とは?

まず、空清機能には大きく分けて2種類があります。

  • 各種フィルタを使って集塵や抗菌、ウイルスの抑制などを行う空清機能
  • イオンやオゾンを放出することにより、菌やウイルスなどを抑制する空清機能

本記事では、後者のイオンやオゾンを放出することにより、菌やウイルスなどを抑制する機能について深堀りしていきます。

ダイキンのエアコンラインナップ

まずは、ダイキンエアコンの機種ラインナップをまとめました。

機種の分類は、後で大手エアコンメーカーそれぞれで比較をしやすいよう、最上位機種から、上位機種、標準上位、標準下位、普及上位、普及下位機種という分類にしています。

ダイキンエアコンラインナップ

ダイキンの放出系空清機能

ダイキンの放出系空清機能は、『ストリーマ空気清浄』です。

以前の記事で『ストリーマ内部クリーン』をご紹介しましたが、内部クリーンは室内機の内部をキレイにする機能です。そしてこの『ストリーマ空気清浄』は、お部屋の空気清浄機能となります。

ストリーマとは、酸化分解力をもったプラズマ放電の一種です。

図のような流れで、ストリーマが高速電子を放出し、空気中の窒素や酸素、水分子と衝突・合体し、4つの分解素を生成します。

それぞれの分解力でカビやアレル物質を抑え、部屋の空気をキレイにすることができます。

ストリーマの原理

室内機内部クリーンと部屋の空清の使い分け

ただ、ここで、エアコン内部のクリーン機能と、エアコンの外(お部屋)の空気清浄機能を一つのストリーマモジュールでどうやって行うのかという疑問が生まれます。

近年、エアコンはクリーン機能ブームで、各メーカーが独自のクリーン機能を開発、搭載してきています。

その中で、エアコンの中も外もキレイにしようという動きがあり、ほとんどのメーカーが放出系の機能でエアコンの内部と外部のクリーン機能を同時に訴求しています。

ダイキンも例外ではなく、ストリーマでエアコン内部のクリーンとお部屋の空清を訴求しています。

では、ダイキンはどのように一つのストリーマモジュールで、エアコン内部クリーンとお部屋の空気清浄を訴求しているのでしょうか。

その秘密は次のとおりです。

ストリーマーは、ほぼエアコンの内部に放出されるようになっていますが、部屋の空気は、室内機を通って循環しているので、室内機に取込んだ空気にストリーマーが照射して、吐くサイクルを繰り返すことで、結果的にはお部屋の空気にストリーマーを照射していることになっているのです。

ストリーマの空気清浄能力

ストリーマの空清能力は、次のとおりです。

空清能力の測定(集じん評価)は、JEM(日本電機工業会)1467:2015で試験方法が決められています。

試験方法は、20~32m3(約6畳)の空間(ダイキンの試験では29.4m3の空間で実施)で、たばこ5本を燃焼させて、煙の除去率を測定するというものです。

Rシリーズ(AN22XRS)では、ストリーマ空清運転(風量5)のとき、3時間後の除去率が58%という結果だそうです。

アカペン
アカペン

余談ですが、この試験では使用するタバコの銘柄も規定されており、メビウス(旧マイルドセブン)を使用することになっています。

ストリーマはどの機種に搭載されているの?

ダイキンのストリーマ空気清浄は、なんとラインナップしている全機種に搭載されています。

ダイキンのエアコンラインナップ(ストリーマ搭載の有無)

エンジニア視点でコメントさせて頂くと、

上位機種(一般的に、コストをかけれて、筐体も大きい)ならまだしも、普及機種(一般的にコストが厳しく、筐体も小さい)まで展開されているのはコスト的にも構造的な搭載スペースも難しいはずなので、すごいことだと思います。

ストリーマは、新型コロナウイルスにも効果あり!?

2020年、ダイキンは、ストリーマが新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する不活化効果があることを、岡山理科大学 獣医学部・微生物学 森川茂教授らの研究グループと共同で実証しています。

ストリーマを照射して1時間で、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は93.7%不活化。

また、ストリーマを照射して2時間で99.8%以上、3時間で99.9%以上不活化したということです。

※なお、試験用ストリーマ発生装置を用いた実証結果です。実機・実使用環境によるものではありません。

引用:ダイキン ストリーマ研究所ウェブページ

まとめ

いかがだったでしょうか。

本記事では、ダイキンの放出系空気清浄機能であるストリーマ空気清浄についてご紹介させていただきました。

これから数回にわたり、大手エアコンメーカーの放出系空清機能について特集していきたいと思います。

エアコンご購入を検討の際は是非参考にしてみてください。

▼各メーカーの空清機能をまとめましたので、こちらもご参考にどうぞ▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました