お部屋の空気をもっと快適にしませんか?

LINEモバイル、iPhone6からiPhone12に機種変更してみた!

雑記
この記事は約8分で読めます。

2014年から約6年間iPhone6を愛用してきましたが、最近バッテリーのへたりが尋常じゃなくなってきたので、最新機種のiPhone12に機種変更をすることにしました。本記事では、実際に機種変更を行ってみた、手順と注意点をご紹介します。

LINEモバイルの契約内容

私は、2018年にLINEモバイルに乗り換えをしました。iPhone6購入時はソフトバンクに加入していたため、キャリアはソフトバンク回線としました。現在の契約内容は下記の通りです。

  • 回線の種類:ソフトバンク回線
  • プラン:ベーシックプラン:3GB / 音声通話SIM
  • データフリーオプション:LINEデータフリー
  • SIMカードサイズ:iPhone専用ナノSIM(小)

iPhone12を選んだ理由

今回機種変更を行う際、Android機種への変更は考えていなかったので特に何も考えずに、その時の最新のiPhoneに変更ということでiPhone12にすることにしました。ただ、iPhone12のラインナップには、miniやpro、pro Maxがありましたが、価格と性能のバランスからiPhone12(無印)にしました。

アカペン
アカペン

proはカメラ性能が高いらしいけど、そこまででなくてもいいかなと思って無印にしました。

LINEモバイルでiPhone12使用するにあたって

購入の前に、LINEモバイルで動作可能であるかsimカードのサイズ変更が必要であるかをチェック!公式サイトで確認を行ったところ、動作問題なし、そしてsimカードも同じnano simだったのでサイズ変更なしでいけます!

購入先はApple公式サイトから

今回、購入先はApple公式サイトでオンライン注文にしました。理由は、価格.comで確認したところ他と値差がなかったので、それなら公式サイトの方が信頼性が高いと思いApple公式サイトにしました。また、送料も無料でした。

  • 購入したiPhone12の仕様
    • ストレージ容量:128GB
    • カラー:ブルー
    • SIMフリー版

12月28日の夜に注文したので、年末だし、到着は年始かなぁと思っていましたが、30日の午前中には届いたのでびっくり!ありがたやありがたや!また、現在使用しているiPhone6を下取りに出すことでiPhone12が割引になるとのことでしたので利用することにしました(詳細は記事後半で)。

アカペン
アカペン

注文から中一日で最新機種が届くなんて素晴らしい!

アクセサリも注文しておく

iPhone12の注文と同時に、Amazonで画面保護用のガラスフィルムとケースを注文していたので、iPhone12の到着と同時に保護ガラスを装着できました!

Amazonでしたので、28日の夜に注文して29日には着荷していました。さすがAmazonです!

機種変更の作業について

そして、ここからが機種変更のメイン作業となります。

アプリのバックアップ

今回、現在使用しているiPhone6のデータ移行方法にはクイックスタートを使用したので基本的に個別バックアップは必要ないのですが、LINEと写真のデータを死守するため、バックアップをとることにしました。

LINEのデータバックアップ

LINEのトーク情報についてですが、「ホーム画面」右上歯車マークの「設定」「トーク」「トークのバックアップ」「今すぐバックアップ」からトークのバックアップを取ることができます。

とりあえずこれでLINEのバックアップは完了です。クイックスタートでは、下記の内容は復元可能ですのでとりあえずバックアップはトークだけです。

  • 友だち、グループ
  • プロフィール情報
  • アルバム、ノートの情報
  • タイムライン
  • スタンプ・着せかえ・絵文字
  • Keepに保存したデータ
  • LINE連動アプリ⋅サービスの情報
  • LINE Pay・LINEポイント残高
  • LINEコイン

写真データのバックアップ

次に、写真ですが、iCloudの無料範囲である5GBでは足りておらず、月額¥130の50GBプランに加入しているため、最新の写真までiCloudにバックアップできているかを確認しました。

写真もこれで完了です。

参考としてiCloudのストレージ容量の月額と年額換算額を下の表にまとめておきます。

容量月額年額
5GBまで無料無料
50GBまで130円1,560円
200GBまで400円4,800円
2TBまで1,300円15,600円

Apple IDやアプリなどのデータ移植作業

ここからは、Apple IDやアプリなどの移植作業です。

私はこれが一番面倒だと思っていました。なぜなら、iPhone6に機種変更してから約6年、機種変更してこなかったので、iCloudもよく分かってないし、動作が重いiTunesで坦々とやるしかないと思っていたのです。

しかし、現代には、クイックスタートなるデータ移植機能があったのです!

アカペン
アカペン

クイックスタートを使えば新しいiPhoneへのデータ移植なぞ、朝飯前、お茶の子さいさい!

クイックスタートはiOS11以降で利用できるそうですが、iPhone間の直接コピーを行うにはどちらの機種もiOS12.4以降である必要があります

私のiPhone6のiOSは12.5!セーフでした!

クイックスタートの手順

  1. iPhone12(以降、新iphone)の電源を入れて、現在使っているiPhone6(以降、旧iPhone)の近くに置きます。
  2. 使用中のほうのデバイスにクイックスタート画面が表示され、Apple ID を使って新しいデバイスを設定するオプションが提示されます。表示されているのが実際に使いたい Apple ID であることを確認の上、「続ける」をタップしてください。※使用中のデバイスに「続ける」オプションが表示されない場合は、Bluetooth がオンになっているか確認してください。
  3. しばらくすると、新iPhoneの画面に青いもやもやっとした円形のアニメーションが表示されます。旧iPhoneの上で支え、アニメーションがファインダーの中央に収まるようにします。しばらくすると、旧iPhoneに「新しいiPhoneの設定を完了」というメッセージが表示されます。
  4. 新iPhoneに入力画面が表示されたら、旧iPhoneのパスコードを入力します。
  5. 画面上の案内にそって、新しいデバイスで Face ID または Touch ID を設定します。(後で設定してもOK)
  6. 新iPhoneに、デバイス間でデータを転送するか、最新の iCloud バックアップから App、データ、設定情報を復元するか、選択肢が表示されます。
  7. バックアップを選択した後、位置情報、プライバシー、Apple Pay、Siri に関する一部の設定情報を転送するかどうかを選択できます。Apple Watch を持っていて、新しい iPhone を設定する場合は、Apple Watch のデータや設定を転送するかどうかを確認する画面も表示されます。
  8. 設定が終わると、データ転送が開始されます。私の場合、旧iPhoneで使用していたストレージ容量は約40GBでしたが、転送にかかった時間は30分ほどでした。

もし、データ転送の前にエラーなどが起こってどうしたらよいか分からなくなったら、新iPhoneの電源を切ると初期化してくれます。手順が簡単なので最初からやり直してもそんな苦じゃないと思います。

アカペン
アカペン

お恥ずかしながら、私は一度やり直しました。

simカードを入れて移植作業完了ではない!

上記の手順で新iPhoneへのデータ移行が完了したら旧iPhoneのsimカードを新iPhoneに入れ替えます

アカペン
アカペン

購入したiPhone12はsimフリー版だったのでsimピンが付属されていました!

これで移植作業は完了です。と、言いたいところですが、まだ終わっていません、最後にLINEモバイルのAPN設定を行います!

私ははじめこの設定を忘れていたため、回線の表示がずっと3Gのままでした。電源を入れなおしたり、simカードを入れなおしたりしましたが4Gにならず、かなり苦戦しました!

APN設定はLINE公式ページに従って行ってください。

これで、データ移植作業は完了です!!

アカペン
アカペン

お疲れさまでした!

旧iPhoneの下取りについて

不要になったiPhone6は初期化してAppleストアで行っている下取りに出そうと思っています。Apple公式サイトによると参考価格は下記のとおりです。ただし、最大下取り額とあるように、査定内容によっては、表の額と異なる場合がありますので注意してください

また、集荷依頼は購入から2週間以内に行う必要があります

現在使用しているiphone  最大下取り額
 iPhone 11 Pro Max 66,000円
 iPhone 11 Pro 62,000円
 iPhone 11 44,000円
 iPhone XS Max 47,000円
 iPhone XS 37,000円
 iPhone XR 31,000円
 iPhone X 30,000円
 iPhone 8 Plus 26,000円
 iPhone 8 17,000円
 iPhone 7 Plus 18,000円
 iPhone 7 10,000円
 iPhone 6s Plus 10,000円
 iPhone 6s 8,000円
 iPhone 6 Plus 7,000円
 iPhone 64,000円
 iPhone SE(第2世代)18,000円
 iPhone SE(第1世代)5,000円

旧iPhoneを初期化する前に

旧iphoneを初期化する前に、データ移植後の新iphoneで各アプリの設定やデータが引き継げているかしっかりと確認してください。

私の場合は、次のアプリについては確認しておいて正解でした。

Google Authenticator

  Google Authenticator

このアプリは、Googleの認証システムアプリです。私の場合は、認証項目が反映されていませんでした

アプリ起動後、画面右上の「・・・」から「アカウントのエクスポート」を選択して手順に沿って進めるとQRコードが表示されるので、新iphoneでスキャンすればエクスポート完了です!

まとめ

本記事では、LINEモバイルでiPhone6からiPhone12に機種変更を行った手順を紹介しました。

クイックスタートを使うととても簡単にデバイス間でデータ移植が可能でした。

ただし、アプリによってはバックアップをとっておく必要がある情報もありますので注意してください。

今回の教訓としては、データ移行して、simカードを入れ替えた後、APN設定を忘れずに行うということです!

アカペン
アカペン

もし、同じ壁にぶち当たっている方がいてお力になれたのなら幸いです!


コメント

タイトルとURLをコピーしました