お部屋の空気をもっと快適にしませんか?

【自宅】【幼稚園】子供がドアに指を挟む事故は「はさマンモス」で防止できます!!

雑記
この記事は約6分で読めます。

私には2歳になった息子がいるのですが、最近はいろいろ分かるようになってきて、いろんなところに触ろうとします。触れる行為自体は脳の発達上良いことだと思うのですが、指を挟みそうでこわいんですよね。危険なところは止めたいですし、そもそも危険ポテンシャルをつぶしておきたいんです。

指を挟む危険がある場所

私の息子がよく触ろうとする場所で危険そうな場所は次のようなところです。

  • 間仕切りの引き戸の間(3枚あってそれぞれの隙間)
  • ドアの取っ手側
  • ドアの蝶番(ちょうつがい)側
  • 引き戸の取っ手側
  • 引き戸と壁の隙間
  • お風呂の折りたたみドア
  • 扇風機(洗濯物乾燥用で冬もつけている)

特に指を挟みそうな場所

扇風機も危険なのですが、ネットをしているのでまだ安心です。

それ以外だと特に、ドアの取っ手・蝶番側が一番触る機会があるのでどうしようか困っていました。

アカペン
アカペン

ダイソンのファンレス扇風機を買うお金はない!

実際のところどれくらい指挟み事故が起こっているの?

少し古い資料ですが、東京消防庁の「救急搬送データからみる日常生活事故の実態(平成 27 年)」によりますと、年齢層別では、「0 歳から 4 歳」で最も多く発生しており、子供(0歳~12 歳)の挟まれ事故の要因としては、手動ドアによるものが最も多く、169 人の子供が救急搬送されたそうです。

ドアの指挟み対策グッズにはどんなものがあるの?

インターネットで調べてみたところ、いろんな商品がありましたのでご紹介します。

ドアノブ側

これ、とても可愛いです。しかも安い!そして両面テープが3M製なので間違いないです!

ドアにはさむタイプであればこういうのも便利ですね!

ドアの蝶番側

次に蝶番側ですが、この蝶番側は本当に危険です。大人でも指がつぶれる危険性があります。蝶番側の対策商品も色々あったのですが、その中でコスパも効果も素晴らしいものを発見しました!

『はさマンモス』公式サイトリンク

その名は、『はさマンモス』

ネーミングセンスはちょっとあれですが、効果は絶大!似たような商品もいくつかありましたが、用途に適した3タイプから選べるということ、長さ違いや、蝶番の表裏面それぞれのタイプがあることから『はさマンモス』をおすすめします。つくりはとてもシンプルですが、似た商品に比べると安価な方です。はさマンモスをドアに取り付けた断面は次の図のようになっていて指が挟まるのを防止しています。

『はさマンモス』平面断面

ただ、おすすめする最大の理由はエンジニアリングセンスにビビっときたからです。それは、両面テープの剥がれについての気遣いです。

この商品は、プラ板のばね性による剥がれ方向の力(板バネの復元力)がかからないよう設計されています。通常、下図のようにアーチ状(このような形の商品が多い)だと板ばねの復元力で両面テープが剥がれる方向に力がかかります。しかし、『はさマンモス』では、トラス構造にすることで復元力が発生せず、両面テープが自然に剥がれることを防いでいるのです。また、トラス構造では強度もアップします。これにより、製品寿命は5年とのことでした。

アカペン
アカペン

設計者は、そういう小さな気遣いに惹かれてしまうのです。

その他詳細は、本家サイトでご確認いただければと思います。

『はさマンモス』公式サイトリンク

まとめ

家の中で子供が指を挟む事故はとても多いようです。

しかし実際は、指挟みグッズの認知度は39.3%と高くなく、対策を行っている人は5.5%とかなり少ない印象です。*東京都生活文化局消費生活部 平成28年度調査 ドアの安全性に関する調査報告書より

このコロナ禍で自宅にいる時間も長いと思いますので、設置を考えてみてはいかがでしょうか。また、自宅での設置に限らず、『はさマンモス』に関しては、幼稚園や保育園などの子供が多くいる機関でも採用してみてはいかがでしょうか。

アカペン
アカペン

これでもう指挟まなければいいんだけどな。

『はさマンモス』公式サイトリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました