お部屋の空気をもっと快適にしませんか?

【アニメ】『ARIA』が好きすぎて語らずにはいられない~その1~

雑記
この記事は約9分で読めます。

アニメ『ARIA』が好きすぎて語らずにはいられないシリーズ~その1~ということで、未来形ヒーリングストーリー『ARIA』について語ります。

ARIAとは?

ARIAをご覧になったことがない方もいらっしゃると思いますのでざっくりおさらいです。

テラフォーミングされた火星「アクア」にある地球のヴェネツィアを模した都市 ネオ・ヴェネツィア。 ネオ・ヴェネツィアに広がる水路をゴンドラで観光案内する女性だけの職業水先案内人「ウンディーネ」に憧れて、主人公の水無灯里(みずなしあかり)は地球(マンホーム)からアクアにやってきました。一人前のプリマウンディーネを目指し、灯里は同じ目標を持つ藍華、アリスと共に日々練習に励みます。ARIAはそんな彼女たちの成長と、周囲を取り巻く人たちとの日常がネオ・ヴェネツィアの綺麗な情景と共に描かれた心温まるアニメです。

ARIAのアニメ履歴

ARIAのテレビアニメは2005年の『ARIA The ANIMATION』からスタートし、今年で15年目を迎えました。

  • 第1期 ARIA The ANIMATION 全13話
  • 第2期 ARIA The NATURAL 全26話
  • 第3期 ARIA The ORIGINATION 全13話
  • OVA ARIA The OVA 〜ARIETTA〜 全1話
  • 劇場版(OVA)ARIA The AVVENIRE 全3話
  • 劇場版 ARIA The CREPUSCOLO 2021年春公開予定

ARIAの良い所

悪い人がいない

これは、ARIAについて語られている方々共通しておっしゃっていますが、ほんとに悪い人が出てこないんです。ちょっとケンカしたりはするけど、誰かを思いやる気持ちや好きな気持ちで溢れていて、自分も素直になれるそんなアニメです。

ただ癒されるだけではない

そしてただ癒されるだけではなく、一人前のウンディーネを目指す灯里たちの努力や、先輩ウンディーネの後輩への想い(師弟愛)、そして仕事への考え方など、学ぶことや感動もあり、でっかい素敵なアニメです。

今回語りたいお話:第1期の第2話『その特別な日に…』

語らずにはいられないシリーズ第1回は、テレビアニメ第1期 ARIA The ANIMATIONより、第2話『その特別な日に…』について語りたいと思います。

灯里にとって初めてのアクア・アルタ

アクア・アルタはアクアで起こる高潮現象で、足首から膝までの床上浸水が起こります。アクア・アルタの日は、基本的にみんな家で過ごしますが、アクア・アルタ初体験の灯里は、アリア社長と共にお出かけ、そして姫屋で藍華に声を掛けられて部屋にお呼ばれします。

晃さん初登場

姫屋のトッププリマウンディーネであり、ネオ・ヴェネツィアで水の三大妖精として称される晃さんこと晃・E・フェラーリは、姫屋の跡取りである藍華の先輩であり指導係です。登場直後、藍華の部屋にいた灯里に話しかけ、第1話でシングル(半人前)である2人がアイちゃんをゴンドラに乗せて観光案内したことを揶揄します。

アカペン
アカペン

正直この時点では晃さん苦手だと思ったなぁ。

藍華はアリシアさんが大好き

晃さんの厳しい言動に対し、藍華は姫屋を飛び出し、尊敬するアリシアさんのいるARIAカンパニーに家出してしまいます。

次の日、藍華を追ってARIAカンパニーにやってきた晃さんは藍華と灯里にゴンドラレースを提案します。藍華が勝てば好きにしてよし、負ければ姫屋に連れて帰ると言い放ちレースはスタートします。

しかし、藍華はレースを中断、晃さんの大好物であるクルミパンを買ってARIAカンパニーに戻るのでした。

晃さんと藍華の関係

姫屋では藍華は跡取りとして見られているため、先輩社員からも敬語を使われています。そんな中、ちゃんと藍華と向き合い、接し、指導してくれるのは晃さんだけであり、そんな晃さんの存在を藍華は大切に想っています。

アカペン
アカペン

でもその背景には、幼かった藍華に助けられた若き日の晃さんがいたのです・・・。このお話しについてはいずれ語りませう!

そして晃さんは、藍華を姫屋の跡取りとなるプリマウンディーネに育てようと思いつつ、姫屋の社員たちから形式的な敬意を払われ疎外感を感じている愛華を想い、本当に藍華がしたいようにさせてあげたいという気持ちがあります。

この二人の関係で好きなところは、二人とも素直じゃないためお互いの気持ちを直接伝えないのですが、実はちゃんとお互いを理解しているというところであり、それがでっかい素敵です。

灯里の素敵な名言

このお話しのメインは晃さんと愛華でしたが、灯里はしっかりと明言を残しています。

晃さんてアクア・アルタみたい。藍華ちゃんの心に並々と満ちて沁み込んで、いつもと違う顔を見つけてくれる。

引用:ARIA The ANIMATION 第2話「その特別な日に…」水無灯里セリフより

そうですね。晃さんは真っ直ぐに藍華と向き合うことで他の人には見せない藍華の表情を引き出すことができるんですね。

まとめ

今回は、第1期 ARIA The ANIMATIONより、第2話『その特別な日に…』をご紹介しました。

このお話しの好きなところは、初登場の晃さんと、藍華の双方の想いを知ることができたことと、そのお互いの想いに心が温かくなるところです。

これからもしばしばARIAについて語っていきたいと思いますので、是非コメントいただけると嬉しいです。

アカペン
アカペン

このお話し、でっかい大好きです。

また、U-NEXTの31日間無料トライアルでARIAのストーリーが無料で視聴可能です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました